霊芝は中国で2000年以上昔の薬物書に登場するほど古くから重宝されてきたキノコで、当時はとても高級なものとして知られていました。
見つけたものは皇帝に献上するのが義務化されており、官吏などに賄賂として使われる事もありました。
また磨けばとても美しい艶が出るため、飾り物として使われる事もあったのです。
中国の古き歴史あるキノコである霊芝ですが、意外にも人工的に栽培されたのは日本が最初で、1971年の事でした。

中国で古くから重宝されるキノコ「霊芝」

中国で古くから重宝されるキノコ「霊芝」 「霊芝」は中国で2000年以上前から重宝されていたキノコで、当時は霊芝を発見した者は必ず皇帝に献上しなければいけないという義務があった程高級なものでした。
その高級さから官吏などへ密かに賄賂に使われる事もあったと言われています。
当時の薬物書には赤芝、黒芝、青芝、白芝、黄芝、紫芝という6種類が存在していると記されており、この中で最も効果が高いとされているのが赤芝でした。
また、現在流通している霊芝もほとんどがこの赤芝です。
人工的に栽培されるようになったのは日本で、種菌をオガクズを使ってポットで栽培する方法によって成功したのが1971年だったのです。
霊芝は飾り物に使われる事もありました。
実はこのキノコは汚れをきれいに落としてから柔らかい布で磨きあげると、艶が出て非常に美しい見た目になるのです。
きれいなポットなどに入れてアクリルの透明ケースに入れておけば、現在でも飾り物として通用します。

霊芝の価値は昔から高い

霊芝の価値は昔から高い 霊芝はその価値が紀元前の昔から明らかなっていました。
ところが、自然な状態で自生しているものはほんのわずかで、採集するのが非常に困難で、そのことがネックとなって最近まで霊芝に関する薬理的な研究は、あまり進んでいるとはいえない状況だったのです。
しかし1980年頃に人工的な栽培ができるようになってからは次々と研究報告が発表されて、その結果は2千年以上前に記された薬物書の内容を裏付けるような素晴らしい価値があることが明らかになりました。
今では本格的な研究がスタートしていて、たくさんの臨床試験の結果が報告されています。
中でも現代社会でも未だに難病とされているガンや肝臓病、アレルギー性疾患などに対する効果について注目が集まっているのです。
そんな霊芝は、伝統的で高級な健康食材としてだけではなく、発見されたときに吉祥の印としての価値があるものとして扱われる珍しいキノコでもありました。
昔のお坊さんは如意という道具を持っていて、その先端の形状が霊芝に似ていたのです。
如意には思い通りに物事が進む力があるとされていたため、そのことから発見すると如意と同じ様に思い通り物事が進むと信じられるようになり、吉祥の印として扱われるようになりました。

霊芝に関する情報リンク

霊芝

新着情報

◎2018/7/5

霊芝の歴史
の情報を更新しました。

◎2018/5/8

飾り物としても使われていた霊芝
の情報を更新しました。

◎2018/4/2

サイト公開しました

「漢方 中国」
に関連するツイート
Twitter

漢方薬って本場の中国よりも日本の方が発展してしまったとかって聞いたことあるな。

Twitter健信院正法(しろー)@showbow_ken

返信 リツイート 9分前

鍼麻酔下で心臓手術を実施している映像を観たことがある。1970年代中国の映像、患者は意識がある状態だった: #東洋医学 #ホントのチカラ ~科学で迫る 鍼灸・漢方薬・ヨガ~ #nhkgtv

TwitterIto, Akira 伊藤 玲@F_Camel

返信 リツイート 9分前

経絡ときくとどうしても北斗の拳が出てくるw 昔「鍼灸とか漢方とかの東洋医学ってのは中国が何千年もかけてやってきた膨大な人体実験の結果の蓄積だから、効果がないはずがない」て聞いたことがある。 #東洋医学ホントのチカラ

RT @cfs_kakusan: あー😱 漢方薬の大半が中国産であるとは想像がついたけど、だからこそ大手の方が管理が行き届いてると信じてたのに…😭 「医療用」って何だと思ってるの⁉️ “漢方大手ツムラが売る“社員に飲ませられない”生薬 中国産原料に「想定外の農薬」” http…

政治と医学と常に連動します。反中共の中国人は反漢方の人が多かった、しかし漢方やツボはWHOに認定された部分があり、全否定は極端です。古の日本は蘭方を受け入れた人も開国派ですね。現代には高須院長みたいな医者は国の動きに強く力を入れて、きっと、この時代に国を動かす大事な人物になります。

猪苓(チョレイ)は、ブナやミズナラの根に寄生する「チョレイマイタケ」というキノコの菌核。漢方薬では、利水消腫・通淋の効果を目的に使われる。猪苓の名の意味は「猪(ブタ)の糞」(中国語の「猪」=日本語の「豚」) ⇒なまやく。第二のマスコットキャラ

Twitterなまやく。生薬bot@namayaku

返信 リツイート 19:06

返信先:@Tochi_suke とち介みたいな食いしん坊さんでもお腹いっぱいになるくらいの大量のお餅を頑張って作ってるのかなぁ……?(笑) うさぎがお餅ついてるように見えるのは日本と韓国だけみたいで、中国では同じうさぎでも薬を調合している様子なんだって。さすが漢方の国✨

Twitterはんな改めふかふかはんな@Ha_N_Na_

返信 リツイート 18:08

RT @cfs_kakusan: あー😱 漢方薬の大半が中国産であるとは想像がついたけど、だからこそ大手の方が管理が行き届いてると信じてたのに…😭 「医療用」って何だと思ってるの⁉️ “漢方大手ツムラが売る“社員に飲ませられない”生薬 中国産原料に「想定外の農薬」” http…

TwitterHideo Takeuchi, Ph.D@HTakeuchi01

返信 リツイート 18:07

その男は悪意に満ちていた: 知り合いの話。 彼はかつて漢方薬の買い付けの為、中国の奥地に入り込んでいたことがあるという。 その時に何度か不思議なことを見聞きしたらしい。 棚田の多い山奥の邑で、ある朝騒動が持ち [続きを読む] dlvr.it/QlB3N4

Twitter怖い話まとめ :: こわばな@kowa741

返信 リツイート 18:03

返信先:@Rhino_pentarou 主に中国などで鱗を漢方としての需要が物凄くあるのだとか。効くわけないじゃない。ゴキブリも漢方として使うくらいだしね。密猟者、販売者、購入者は死刑で。